歯医者で受診できるPMTCってどんな人が受けるべき?

安心して歯科医院で治療を受けるために役立つメディカル情報サポートサイト

予防歯科におけるPMTCの役割

日本における歯科治療は、歯を削ったり抜いたりした後、削った歯を補強ないし代替え歯を用意するのが一般的でしたが、近年は、可能な限り歯の健康寿命を引き延ばすことを目的とした、予防歯科が注目を集めています。

多くの歯科医院においては、十年以上前から患者に対して定期的な歯科検診を呼びかけてはいましたが、予防歯科に対する知識の乏しさから意に介さない患者が多かったのでしょう。

歯や口内に異常が起きてから歯科医院で治療を受けることが当たり前だったかもしれませんが、歯の研究が進み、歯科治療が発展するにつれて、予防歯科の重要性が一層明らかなものになった事に加えて、インターネットの普及によってそれらの情報が万人に触れやすいものとなった事もあって、予防歯科の重要性は徐々にですが、確実に広まりつつあり、積極的に予防歯科治療を受ける患者の数も増加傾向にあります。

そんな予防歯科治療において、最も基本的ながら大きなリスクを伴わない治療がPMTCで、その内容は、歯科医師や歯科衛生士が専用の機材を用いて歯を徹底的にクリーニングするという極めてオーソドックスな治療です。

シンプルながらPMTCは、歯の健康を維持促進し、歯の健康寿命を延ばすためには極めて有効な予防歯科治療であることは、歯の健康面で先進的なスウェーデン発祥の施術であることも裏づけの一つとなっています。

さて、もうお分かりのことと思いますが、PMTCは有力な予防歯科治療の一種であることから、PMTCを受けることで口内にダメージを負うような状態にある方を除いて、歯の健康を守る為にできるだけ多くの方が受けるべき治療の一つなのです。

TOPへ戻る