安心して歯科医院で治療を受けるために役立つメディカル情報サポートサイト

>

PMTCの効果とデメリット

PMTCで予防効果が見込めるもの

専用機器を使用した口内の専門的なクリーニングであるPMTCは予防歯科の一種であることもあって、口内で生じる複数の病理に対して一定の効果が望める治療です。

なお、PMTC治療によって具体的には虫歯・歯周病・口臭に対する予防効果が期待されますが、PMTCは予防歯科の性質上、虫歯と歯周病に対しては予防以上の効果は望めず、治療としての効果を発揮できるのは口臭の改善に留まります。

加えて、PMTC治療では歯のクリーニング以外にも、薬剤による歯のコーティングも行われるので、歯が汚れにくくなる予防歯科的効果や、歯が黄ばみにくくなる審美歯科的な効果が見込めるなど、予防歯科的観点からも、審美歯科的観点からも、予防効果が望める治療であると言って差し支えないでしょう。

具体的なPMTCのデメリット

PMTCは予防歯科とは言え、歯科治療の一種であるためデメリットも存在しますが、他の治療と比較しても極めて軽度のリスクに過ぎません。

具体的なPMTC治療のデメリットは、虫歯や歯周病を発症している場合、痛みを感じたり出血のリスクがあったりする点と、月一回程度とは言え継続的な治療の継続が要求される点、月一回の継続的な通院の場合、歯科治療ではなく審美歯科の一種とみなされ、医療保険の適用外となる点の三点ですが、いずれのデメリットも歯科治療のリスクとして軽微で、強いて言えば、医療保険の適用外となることによる医療費の増大ですが、歯科医院によって価格に差はあるものの五千~一万円程と、審美歯科治療としては比較的安い価格で受けられるので、PMTCはノーリスクとまでは言いませんが、デメリットが小さい治療であることは明白です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る